JSCAST

3次元湯流れ凝固解析システム 混合要素モデル対応

JSCAST

JSCASTとは、各種鋳造プロセスにおいて、溶けた金属の湯流れ、および凝固のシミュレーションのためのパッケージソフトです。
3次元CADデータ(STL)を独自のインターフェイスで取込むことで短時間で簡単に解析モデルを作成することができます。

受託解析サービス

受託解析サービスについて

鋳造欠陥の予測や欠陥対策の効果について、解析による検討をお考えではありませんか。
しかし、実際に解析を実施しようとした場合、導入にかかるコストや見識のある担当者のアサインができず、運用に踏み切れないとのお話をよくうかがいます。
当サービスでは解析業務について、1解析単位での受託解析をお受けしております。
ご依頼いただいたモデルについて、弊社 技術者が解析を行い、解析結果をご報告させていただきます。

このページの先頭へ

受託解析サービスのながれ

お見積

製品形状や鋳造プロセス、解析内容によって異なります。
解析対象の 3Dモデルデータ、鋳造条件、欠陥内容 などをもとに検討し、実施可否・費用についてご連絡いたします。
参考資料として、製品(方案)および欠陥部位の写真等があれば、合わせてご提示をお願いします。

受託解析発注

解析対象の各部(鋳物、鋳型、金型など)の材料データ、詳細な鋳造条件について、お打ち合わせいたします。
また、参考資料として製品図面、方案図面、型図面などのご提示をお願いすることがあります。
なお、材料のデータにつきましては、標準の材料データベースとして多数揃えていますのでご相談下さい。

解析モデル作成・解析条件設定

3次元CADで作成したSTLデータを元に解析モデルを作成します。
実際の現場での状況にあわせた解析条件を設定します。
例えば、湯口(ゲート)などからの溶湯の流入速度(圧力)や溶湯の初期温度、重力方向、排気口(ベント)、温度変化曲線測定位置の設定などを行います。

湯流れ・凝固解析計算

湯流れ解析では、ガス巻込み欠陥、湯回り不良、湯じわや湯境欠陥等の予測ができます。アニメーションで確認も可能です。
凝固解析では、凝固時間や温度勾配、G/√Rにより、引け巣欠陥の発生位置を的確に予測することができます。また、鋳型や金型の温度分布も確認することができます。

解析結果報告書作成

弊社の解析ノウハウにより鋳造欠陥発生位置を予測した解析結果報告書を納品いたします。
また、湯流れ充填や凝固進行のアニメーション(AVI)も添付可能です。(事前のお打ち合わせの内容に準じます)

このページの先頭へ

関連セミナー

01月30日(水)~01月31日(木) ポリテクセンター関西(大阪)
鋳造・ダイカストシミュレーション技術
全3回 (6日間) 第1回 2018年12月 21日 (金)~22日 (土) 第2回 2019年 1月25日 (金)~26日 (土) 第3回 2019年 2月15日 (金)~16日 (土) 機械振興会館(東京)
鋳造・ダイカストシミュレーション技術

導入事例

お客様ロゴ

有限会社山崎鋳造様

JSCASTの導入による押湯ネックダウン中子による生産性向上

お客様ロゴ

株式会社ダイハツメタル様

JSCASTの活用による鋳造製品の軽量化・品質向上・歩留り向上を実現

関連導入事例一覧を見る

本サービスに関するお問い合わせ

製造サービス事業部 JSCAST室

本サービスに関するお問い合わせ

製造サービス事業部 JSCAST室

ページの上部へ