CareQube

IoTを活用した遠隔監視・予防保全システム

CareQube+

製造現場の設備・機器の稼動データを活用し、
業務や経営の課題解決に活かす。
それが、遠隔監視・予防保全ソリューション「CareQube+」です。

概要・特徴

概要

製造現場で稼働する設備・機器を遠隔監視し、予防保全を行うことは、
今や、業務の効率化やビジネスの成長にも直結する経営課題と言えます。

CareQubeは、設備・機器から情報を取得するためのIoT端末、通信回線網から、
クラウドを利用したデータベースサーバ及びアプリケーションに至るシステムを
ワンストップでご提供する、独自の遠隔監視・予防保全システムです。

もちろん導入時には、製造現場を知り尽くしたクオリカが、
お客様の業務状況について丁寧にヒアリングを実施。
導入後も稼働状況の監視や情報の集約、分析に至る一連の流れをトータルでサポートし、
実際の業務で活用できるシステムのご提供を行います。

また、ERPやSCMなどの既存システムとの連携・拡張も可能です。
IoTが実現する、「つながるものづくり」。クオリカのCareQubeが、実現します。

otoiawase_btn

このページの先頭へ

特徴

1. ワンストップでご提供

設備機器の稼働監視に必要となる端末・回線・監視画面等をワンストップでご提供。
低コスト・短期間で試験的な導入を行った後に、効果を検証し適用対象を再検討することも可能です。

2. 機器の内部のデータを収集

機器の外部に取り付けたセンサー情報だけでなく、PLCの情報を取り込むことが可能。
だから機器“そのもの”の状態を監視することが可能です。

3. 実際の業務で活用できる

CareQubeではデータを「見える化」するだけではなく、各種の業務アプリケーションも搭載。稼働状況監視を基点とした保守業務のプラットフォームとして活用することができます。

4. 機器メーカと機器ユーザ
双方で使える

メーカ様にて機器の「使われ方」を監視。ユーザ様では稼働率や工程管理にお使い頂けます。

otoiawase_btn

このページの先頭へ

導入事例

お客様ロゴ

範多機械株式会社様

「CareQube」を移動体(建設機械)に取り付け、稼動・故障状況を遠隔管理

NPO法人 つくしん棒様

産業機械の予防保全向けクラウドサービス「CareQube」を応用し、高齢者見守りサービスを実施。

関連導入事例一覧を見る

本サービスに関するお問い合わせ

テクノロジーインサイド事業部 IoTビジネス推進部

本サービスに関するお問い合わせ

テクノロジーインサイド事業部 IoTビジネス推進部

ページの上部へ