JSCAST

3次元湯流れ凝固解析システム 混合要素モデル対応

JSCAST

JSCASTとは、各種鋳造プロセスにおいて、溶けた金属の湯流れ、および凝固のシミュレーションのためのパッケージソフトです。
3次元CADデータ(STL)を独自のインターフェイスで取込むことで短時間で簡単に解析モデルを作成することができます。

概要・特徴

鋳造品の品質確保のために

鋳造品を「高品質」に「安定」して「効率よく」つくるためには、

  • よい鋳型・方案
  • 溶湯を速く、乱れなく充填する
  • 湯方向に指向性凝固させる
ことが必要とされています。

 

このような条件を満足させるには、複雑な形状の鋳型内における溶湯の充填過程や凝固の進行状況を正確に把握し、科学的に裏付けのある鋳造方案(ランナー設計)を策定しなければなりません。
従来は主として実験的・経験的手法の積み上げにより鋳造技術の向上が進められてきましたが、品質向上・原価低減・製作期間短縮要求は近年ますます厳しくなり、経験だけでは競争力を維持することが困難になっています。

そこで、従来からの蓄積技術に加え、コンピュータ支援による湯流れ・凝固解析を活用することが注目を集めています。
弊社の鋳造方案CAEシステムであるJSCASTは、簡単な操作で方案の妥当性や欠陥の発生位置を検討することを可能とするシステムとなっています。
また、検討の過程が”見える”データとして蓄積されることから、 近年減少している若手鋳造技術者や海外拠点の現地技術者などの育成などにも貢献できるものと考えています。

JSCASTは、中小企業総合事業団の技術開発事業の一環として平成5年度から平成7年度の3ケ年にわたり、中小鋳造業を対象に、最適な鋳造方案作成の支援、エネルギー使用合理化の促進を目的として、開発されたシステムです。 JSCASTは、大学連携型プロジェクトである工業技術院新規産業創出型産業科学技術研究開発制度に基づき、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)から(財)素形材センターへの委託により、平成11年度から平成14年度の4ヶ年計画で実施されたプロジェクトで開発されたシステムです。 また、中小企業の鋳造現場、製品設計部門、研究所などに利用価値の高い3次元湯流れ・凝固解析を広く普及することを目的としています。

      

このページの先頭へ

概要

JSCASTとは、各種鋳造プロセスにおいて、溶けた金属の湯流れ、および凝固のシミュレーションのためのパッケージソフトです。
これにより、鋳型内部を溶湯がどのように流れ、充填していくかを可視化することができます。 また、充填完了後の凝固過程もシミュレーションできます。
さまざまな鋳造欠陥の発生が予測可能となり、最適な鋳造方案をコンピュータ上で決定できます。
近年、薄肉鋳物の鋳造技術が進み、厚さ1mm以下の鋳物も多く見かけるようになりましたが、 湯流れ計算プログラムの改良により、複雑形状で薄肉の各種ダイカスト製品の湯流れ・凝固解析も可能となっています。
また、3次元CADデータ(STL)を独自のインターフェイスで取込むことで短時間で簡単に解析モデルを作成することができます。

JSCAST使用時の工程

より科学的な鋳造方案を策定でき、試作回数を減らす事が可能です。したがって、試作費用の節減や製作期間の短縮が期待でき、試作失敗時の損失が大きいために手が付けられなかった現行量産品の更なる品質向上・原価低減活動に対しても積極的に挑戦することが可能となります

このページの先頭へ

特長

JSCASTは形状作成、湯流れ凝固解析、結果出力と全て揃った完全パッケージソフトです

  • 「湯流れ・凝固解析システム」、「鋳造変形解析システム」、「重量計算システム」、「3次元CADインターフェイスシステム」 からなるパッケージソフトです
  • コンピュータ画面上で鋳造方案の妥当性が検討可能です
  • 製品部と方案部が別のデータとなっているものでもプリ・プロセッサにて結合が可能です
  • ユーザフレンドリなインタフェースにより、簡単かつスピーディーな操作が可能です
  • 積み木方式による形状編集機能
  • 導入により次のような効果が期待できます
    1. 試作回数の低減による試作費節減
    2. 試作期間の短縮
    3. 現行 量産品の品質向上および原価見積り工数低減
    4. 省エネルギー
    5. 鋳造方案技術の蓄積・伝承
    6. 若手鋳造技術者や海外拠点の現地技術者などの育成
  • 多岐にわたる結果表示により、さまざまな角度からの検証が可能です
    • 等凝固時間曲線
    • 温度分布表示
    • 速度ベクトル表示
    • 充填時間表示
    • etc.

このページの先頭へ

推奨ハード構成

OS

Windows Vista、7、8.1
(Vista、7、8.1の64ビットにも対応)

CPU

Pentium4(3GHz以上)、PentiumD、Core2Due、Quad-Core
(複数コアに対応)

搭載メモリ

2GB以上

ハードディスク

40GB以上
(インストールで約1GB必要、マニュアルとサンプルデータ含む。)

解像度

1024×768(65,000色以上)

対応言語

日本語、中国語、英語版

その他

OpenGL 1.4以上 対応グラフィックカード(推奨)

※商品名は各社の商標、または登録商標です。

このページの先頭へ

導入事例

お客様ロゴ

有限会社山崎鋳造様

JSCASTの導入による押湯ネックダウン中子による生産性向上

お客様ロゴ

株式会社ダイハツメタル様

JSCASTの活用による鋳造製品の軽量化・品質向上・歩留り向上を実現

関連導入事例一覧を見る

本サービスに関するお問い合わせ

ITサービス事業本部 製造サービス事業部 製造サービス第一部

本サービスに関するお問い合わせ

ITサービス事業本部 製造サービス事業部 製造サービス第一部

ページの上部へ