ホーム ニュースリリース クオリカ、NPO法人つくしん棒と共同し、水道メーター情報を活用した高齢者見守りシステムの実証実験を開始

2014年01月27日

報道関係各位
クオリカ株式会社

クオリカ、NPO法人つくしん棒と共同し、水道メーター情報を活用した高齢者見守りシステムの実証実験を開始
~ M2M製品「CareQube」を応用し、適用領域の拡大を図る ~

 ITホールディングスグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 明、以下クオリカ)は、岐阜県郡上市のNPO法人「つくしん棒」と共同で、M2M(※)のデータ連携をサポートする「CareQube(ケアキューブ)」を応用した高齢者見守りシステムを開発し、郡上市の高齢者世帯において実証実験を開始しています。
 
高齢化が進む日本では、特に一人暮らしの高齢者の孤独死が社会問題となっており、全国各地でさまざまな取り組みが行われています。例えば、電気やガスを利用したモニタリングや扉の開閉をセンサーで感知するものなど、多種多様な見守りサービスが提供されています。

この度、当社がNPO法人つくしん棒と共同で実施している見守りシステムは、ライフラインである水道の利用量をモニタリングすることで高齢者世帯の安否を含めた生活リズムを把握し、高齢者の生活支援を行うというものです。
昨年6月より、郡上市の一人暮らしの高齢者世帯に設置し、実証実験を行ってきました。半年間の実証実験の結果、一定の成果を得られたことから、今後、正式なサービス提供に向けて、さらに仕組みの拡充を図り、メニュー化を進めていきます。

<CareQubeを活用した見守りの仕組みについて>
今回、実証実験を行っている仕組みは、クオリカが主に産業機械の予防保全向けにクラウドサービスとして提供しているM2Mサービス「CareQube」を応用して、水道メーターの情報を収集するというものです。水道の利用量のデータは、3G回線を通してリアルタイムでクオリカのデータセンターに収集され、その情報はWebからいつでも確認することができます。また、別世帯で暮らす親族や地域の見守りボランティアなどの関係者に、水道利用情報を定期的にお知らせメールとして配信する機能や、見守り対象世帯の住所を地図に表示したり、水道利用量をグラフで表示したりできる管理機能も備えています。

水道の利用量を用いた見守りの取組みは他にも提供されていますが、利用料が高い、通信状況によりデータが途切れることがあり、かえって不安になるなどの課題があると言われています。「CareQube」を活用した今回の仕組みは、クラウドサービスとして提供する予定であるため、水道メーターに設置する機器の料金と、初期設定費用、そして月々の利用料だけで、データの収集から分析、活用までを利用することができます。また、「CareQube」は通信が途切れた場合でも機器内部にデータを蓄積する機能を保有しているため、通信状況が悪い中でも、データの一時的な欠落なく情報を収集することができます。今回の実証実験においてもデータ欠落は発生しておりません。

※M2M(Machine to Machine): 機械と機械が通信ネットワークを介してつながり、情報のやり取りをする仕組み。

<今後について>
今後、NPO法人つくしん棒は、この仕組みを本格的に多くの世帯への導入を促し、高齢者の生活支援の充実を図っていきます。
クオリカは、「CareQube」を活用したこの仕組みのメニュー化を進め、正式なサービス提供を目指します。また、今後は集まったデータをビックデータとして活用することで、見守り対象となる方の健康の変化や、その兆候の早期発見に役立てて行けると考えております。
当社は、今回の取り組みを通じて、社会の安全・安心に貢献してまいります。

■CareQubeを活用した見守りの仕組みのイメージ

■水道利用量のグラフイメージ

 

■NPO法人つくしん棒の概要  http://tuku-c.jp/
所在地:岐阜県郡上市八幡町島谷1105番地
設立:2010年8月
事業内容:「活力のあるふるさと」をつくるための事業への取組み。

■クオリカ株式会社の概要  https://www.qualica.co.jp/
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
代表取締役社長:加藤 明
資本金:12億3460万円
株主及び持株比率:ITホールディングス 80% コマツ 20%
従業員数:720名(2013年4月時点)
売上高:131億円(2013年3月期)
設立:1982年11月
事業概要:当社はコマツの全額出資による情報システム会社として創業して以来、製造業、流通・サービス業様向けに業務用システム開発、パッケージソフト開発、システム運用、情報端末製造等の幅広い事業を展開しております。
今後もお客様にご満足・ご信頼頂けるよう、さらなる技術力アップとサービスの品質向上に努め、当社の強みである、製造業、流通・サービス業のお客様に長年密着して培ってきた業務知識・ノウハウを生かしながら、先進技術を取り入れた高品質・高付加価値なITサービスをグローバルレベルで提供して参ります。

このページの先頭へ

お問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ

担当 : クオリカ株式会社 経営企画部 倉谷 有紀
TEL : 03-5937-0710

サービス・ソリューションに関するお問い合わせ

担当:クオリカ株式会社 テクノロジーインサイド事業推進室
TEL : 03-5937-0761

このページの先頭へ

ページの上部へ