loading
QUALICA クオリカ株式会社

X
閉じる

技術職

 クオリカの技術職は、製造業や流通サービス業のお客様の要望やニーズを汲み取り、今よりさらに業務効率の上がるシステムの開発・運用・保守をする仕事です。
 仕事の流れは、営業チームとお客様のニーズを共有、そこからが技術職の出番です。営業メンバーと共にお客様を訪問し細かい要望を確認し、どんなシステムを作るのか設計します。プログラミング→何度にもわたるテストを実施し納品です。しかし、ここで終わらないのがクオリカの特徴です!納品した後は、アフターサービス、いわゆる保守。使用し始めたお客様に寄り添い、さらに使いやすいシステムにするため、改良を続けます。
 お客様としっかりコミュニケーションをとり、関係性を築くことが次の仕事につながります。営業メンバーと密に連携し、お客様に「次もクオリカに頼もう!」と思ってもらえるよう先端技術とお客様に向き合っていく仕事です。

営業職

 クオリカの営業職は、製造業や流通サービス業のお客様の課題を最適なシステムの提案を通じて、解決する仕事です。中でも「仮説提案型」がクオリカ営業のモットーです。お客様が“困っているであろうこと” “変えたい、解決したいと思っているであろうこと”の仮説を立て、今後発生する可能性がある事象を投げかけ、それを解決できるシステムやサービスを提案します。
 世の中の動きや法改正の情報、新技術についてもお客様に提供し信頼関係を構築、「クオリカになら任せられる!」とお客様に思ってもらい、プロジェクトを依頼してもらえるよう営業活動を行います。
 また営業職は、お客様とクオリカの技術職のパイプとしての役割も担っています。価格や納期など、プロジェクトにおけるシステム開発業務全般をカバーし、技術メンバーが動きやすいよう環境を整えるのも営業職の役割です。

写真日々の業務について教えてください。

 私は、プラットフォームサービス事業部のIT基盤ソリューション部で運用改善活動の一部プロジェクトのプロジェクトリーダーを担当しております。ユーザーからの日々の問い合わせ対応と並行し、プロジェクトを進めるというのが現在の業務内容です。

クラウドサービス部の仕事を教えてください。

 クラウドサービスとは、コンピュータの利用形態のひとつ。利用者がサーバーなどのインフラやハードウェア・ソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、さまざまなサービスを必要な時に必要なだけ利用できるという考え方です。その中でもインフラ関係の提供を行うIaas(Infrastructure as a Service)を主としてお客様のシステムを守り、お客様の事業を支えているのがクラウドサービス部です。

クオリカを選んだ理由、技術職を選んだ理由は?

 情報系の専門学校でプログラミングやネットワークの勉強をしていました。専門学校でネットワークについて学んだ際、インフラについても興味を持ちました。開発業務だけではなく、インフラ運用にも強い会社であるかを重視していました。
 学生のときは情報系・IT業界とひとくくりにまとめて考えていましたが、会社には多岐にわたる仕事があります。クオリカに決めた理由は、会社選びの段階で社員と話す機会があり、働くイメージをつけることが出来たからです。

入社1年目から今までのキャリアについて教えてください。

 プログラミングの知識はありましたが、クラウドについての知識はなかったので、研修後、クラウドサービスセンターで運用業務の基礎を学びました。その後、現在の部署への配属が決まりました。配属されてから今まで当社のサービスのひとつであるThin Office(VDI)(https://www.qualica.co.jp/service/it/workstyle/thinoffice/index.html)の運用業務に携わっています。
 1年目は、Thin Office(VDI)を導入している会社の新規ユーザー登録やユーザーの環境設定、環境構築などを担当。
 2年目からは、ユーザーからの問い合わせ対応に従事。ユーザーと同じ画面を見ながら、一つ一つの問い合わせを電話で解決します。
 現在は入社4年目。今は、クラウドサービス部のプロジェクトリーダーとして運用改善プロジェクトを任されています。運用業務では多くの問い合わせに対応します。その中で改善すべき項目を洗い出し、優先順位をつけて対処します。ユーザーからの声を集約・数値化し、システム上の改善点を、能動的に対応していくことを心がけています。

プロジェクトリーダーはメンバーと何が違う?

 メンバーの時は、自分に与えられた仕事をこなし、業務に対しても受け身であることが多かったように思います。リーダーになってからは、スケジュール管理・納期・メンバーとの関係性構築など、全体を把握し業務に取り組むようになりました。大変ではありますが、責任感が出てきましたし、任されているという喜びもあります。また、メンバーだったときよりも勉強することが増えました。まだまだ、学ぶべきことはたくさんありますが…。入社4年目でこのポジションを与えてくれて、ありがたいと思っています。

仕事の醍醐味は?

 不具合や改善点などを、要望を受ける前に自身で発見し、対処できた時は達成感を覚えます。また、解決した際にお客様からいただく「ありがとう」の言葉や、「品質が上がった」というユーザーからの声。ユーザーが満足することがサービスを使用していただく上で一番大切なことだと考えています。日々、自身の知識が増えていくこと。新しい知識を得られることは本当に楽しいです。

写真今後の目標は?

 改善済みの問い合わせ内容はナレッジとして蓄積されています。そのナレッジを今後の業務に活かし、ユーザー対応品質を上げるツールにできたらと考えています。ナレッジをメンバーで共有できれば、解決までのレスポンススピードも速くなります。また、新規問合せに対しても問題の切り分け方法など自分ができること共有することでチームのスキル向上も行っていきたいです。もっと多くのユーザーにクオリカのサービスを選んでもらえるよう積極的にサービス品質改善提案していきたいと思っています。

学生へのメッセージ

 私は、「自分が今後なにをしたいのか」「どんな人材になりたいのか」について自分なりの考えを持ち就職活動をしていました。長い就職活動の中でそれは大きな軸になり、モチベーションを維持することにつながりました。また、気になる業界や企業と出会えたら、しっかりとリサーチすることも必要です。さまざまな企業に足を運び、自分の思いに合う会社を見つけてください。

写真日々の業務について教えてください。

 私は、流通サービス事業部リテールソリューション部に所属しており、プロジェクトの担当者として、毎週お客様を訪問、リリースに向けてお客様対応を行っています。また、運用保守業務として、システムを利用中のお客様からの問い合わせ対応もしています。
 技術職なのでプログラミングスキルは必須です。しかし一日中、パソコンでプログラミングや設計をしているわけではありません。お客様を訪問し、「こんなことができたら助かる」などのニーズを聞き出し、それをシステムに反映させます。それには技術の知識だけでなく、お客様と話すためのコミュニケーション力も必要です。実際に、「会って」「聞く」とよく理解ができ、その後の設計に活かせます。大変なことも多いですが、とても面白味を感じています。

リテールソリューション部の仕事を教えてください。

 主に、小売産業や外食産業の店舗で使用するPOSシステム(レジ)開発、日々の売上や商品の在庫を管理する在庫管理システム開発を行っている部署です。店舗スタッフの業務がより効率的になるよう、お客様からの要望対応や改善提案を継続的に行っています。
 最近は、お客様から「来店されるお客様と店舗スタッフの間に壁となるものを置かず、レジ周りをすっきりさせて欲しい」という要望があり、iPadを活用したスマート化を進めています。
 都内のとあるショッピングモールでは、1フロアすべての店舗でクオリカのPOSシステムが使用されています。学生時代には目にも入らなかったレジでしたが、今では、街中のレジを観察するようになり「ここもクオリカのシステムだ!」と発見して誇りに思ったり、「もっと多くの店舗に導入したい!」と思ったりと、意識が変わりました。先輩方の広げてきたビジネスを私たちが引き継ぎ、さらに広げていきたいと考えています。小売業のお客様のニーズを汲み取り、それを実現させていくというのが、リテールソリューション部のミッションです。

研修についてと入社1年目について教えてください。

 入社してすぐの技術研修は難しかったですが、研修は、質問をしやすい雰囲気で、疑問を残すことなく進められました。研修中は、大学でプログラミングを学んでいた同期に助けてもらったり、協力し合ったりし、乗り切りました。持つべきものは友=同期。研修中だけでなく、今も本当にありがたい存在です。仲間とのつながりもあり、助け合える風土の会社だと感じています。

技術職の大変なところは?

 技術職は、ITの技術習得だけでなく、お客様の業務内容を知る必要があります。
 私は、現在、クオリカで作ったシステムをテストする納品前の作業を行っています。それぞれのシステムに合わせ、画面の見易さやユーサビリティ(使いやすさ)などを確認するため、デモデータを入れながら何段階ものテストを繰り返し、お客様により良い商品を届けるための工程を担当しています。テストはさまざまなパターンを想定し検証します。例えば、「会員登録をする」、「退会する」などお客様のユーザーが行う操作や、お客様の日々の業務など、起こりうる事象を想定し、幅広いテストを行います。以前、いくつものパターンを仮定して設計していたつもりでいたものが、その仮定を超える複雑なケースが発生し、実際の店舗業務において障害を起こしてしまいました。システム開発は、プログラミングだけではなく、お客様の業務やエンドユーザの行動を知らなければいけないと痛感した経験でした。学ぶことがたくさんあり、大変ではありますが、重要な仕事を任されているという大きなやりがいにつながっています。

写真技術職の仕事の醍醐味は?

 「こういうことが出来たらいいな」というお客様の要望に合ったシステムを提案し、共に作り上げていく。お客様の経営課題をクオリカのソリューションで解決しカタチにできることが、この仕事の面白いところだと感じています。そしてお客様のお店で自分が買い物をしたときに、クオリカのPOSに店舗で出会うと、その気持ちはさらに強くなります。ニーズの把握→パターン仮定→プログラミング→テストの実施。チームで課題を一つずつクリアし実現する。出来上がるまでの道のりはいろいろなことがありますが、お客様の「出来たらいいな」を実現させたときの達成感は最高です。

学生へのメッセージ

 私が就職活動で学んだことは、「それまで知らなかった多くの企業を知り、社会を知ることができたこと」。見て聞いて知る…ということは、就職活動も仕事も一緒。会社説明会に行く前に、企業のホームページを見ることは重要です。しかし、実際にその企業の説明会に行き、人事部や社員の話を聞くことは、もっと重要だと思います。まずは多くの業界や企業を見て欲しいです。
 クオリカの仕事は、自身が文系であるか理系であるかより、「見る・聞く・考える・話す」という力が大切。まずは、幅広く情報を集め、視野を広げてほしい。社会を支えるシステムを作るクオリカの仕事、面白いですよ!

写真日々の業務について教えてください。

 私が所属するのは、コマツ様と大企業との取引の営業部門で、現在は、ベビー用品メーカーと飲料メーカーを担当しています。クオリカのシステムを利用しているお客様から問題点やニーズを吸い上げ、開発担当とどのように提案につなげるかを話し合い、進めています。 多くのシステムからクオリカのシステムを選んでいただいたお客様に、長くシステムを使用していただく、そのためには、お客様との信頼関係はもちろん、こちらからお客様のニーズを引き出したり、新しいテクノロジーの提案をしたりということが不可欠です。それが営業の重要な役割です。

営業職を選んだ理由、クオリカを選んだ理由は?

 就職先はIT企業の営業と決めていました。理由は、売るものが決まっておらず、お客様の要望に合わせ提案し作り上げていく営業スタイルに魅力を感じました。
 クオリカを選んだ理由は、選考全体を通し、自然体で自分を表現でき、ここでなら自分らしく働けると思えたから。入社後もギャップはありません。今も自分自身のありのままで仕事できているのでありがたいですし、毎日楽しく仕事ができています。
 面接では、業務内容や人事制度、働き方についても、分かりやすく教えてもらえました。最終面談の際は、オフィスも見せてもらえたのですが、その時に見た窓からの夜景は今でも覚えています。

入社1年目~現在の仕事内容を教えてください。

 研修後、現在の部署に配属。1年目は、先輩に同行しクライアントを訪問。お客様との話し方や提案の仕方を見て学びました。同行するだけではなく、少しでも事務作業など自分で出来ることを探し、出来る領域を自ら増やしていくよう努めていました。

営業職の大変なところは?

 現在の担当の一つが飲料メーカーですが、食品や飲料は日々消費するものなので、生産工場のラインを止めることは絶対に許されません。クオリカのソリューションのひとつであるCareQube+(https://www.qualica.co.jp/service/manufact/ams/careqube/index.html)を使用したり、ニーズに合わせゼロから開発したりしながら、お客様のビジネスを支えるシステムを提供すべく試行錯誤しています。
文系でも入社してから頑張れば問題ないと言われていましたが、実務を経験する中で、お客様と話すにはもっと幅広くITや業界の知識が必要と感じます。実際に営業に行きお客様にヒアリングしていると、知識不足からお客様のニーズを深く理解しきれず、技術部門へうまくフィードバックできないことや、レスポンスに時間がかかることがあります。お客様のニーズをシステムに反映させるためには、お客様のビジネスを理解し、さらに技術的な知識を深め、また法改正を初めとする世の中の動向や新しいテクノロジーに対し、常にアンテナを張り巡らせていくことが必要です。大変ですが充実しています。

営業職の面白いところは?

 お客様の困りごとを解決に導けるところです。以前、お客様にシステムについて相談を受けたのですが、クオリカのソリューションには該当するものがありませんでした。協力会社に聞いたり、自身で展示会に行ったりし、使えそうなソリューションを見つけ、それをもとにお客様に提案、採用していただきました。自身で解決方法を見出し、形にできることは最高に面白いです。また、最近では、お客様から、IoTやAIなどITに関する気になることを教えて欲しいと言われることも増えてきました。「困ったことは江口に聞こう」と思われるのは何より嬉しい瞬間です。

仕事をして良かった、と思うことはどんなことでしょう?

 自分の存在価値を実感できることです。人の役に立っている、ということを節目、節目で感じることができるので、「楽しく生きている」と思います。
また、日々の生活の中では、担当している飲料メーカーさんの商品を愛飲するようになりました。直接は作ってはいませんが、自分が少しでも関わっている商品を手にできることは大変楽しく、社会の一部を担っている、という気持ちになれることは本当に幸せに感じます。

今後の目標は?

 自分の力で新規案件を獲得すること!今はまだ先輩から引き継いだ案件を担当することが多いので、お客様からのニーズ引き出しから提案まで、やり抜きたいと思っています。そして、その次のステップとしては、新規商談を増やし、お客様とのビジネス規模の拡大を実現したいです。

写真学生へのメッセージ

 就職活動では、多くのことに直面し、考えるべきこともたくさんあります。自分と向き合い、自分の考えをしっかりと持ってください。選んだ1社が正しかったかどうかを判断できるのは自分だけです。周りに流されずに就職活動を進めてほしいと思います。
 また、営業職を目指す女性へ!女性営業への偏見や働きづらさについて気にしている方も多いかもしれませんが、実際、働いてみて、社内でもお客様先でも、そのようなことを感じたことは一度もありません。まずは、多くの会社の説明会に行き、自分らしくあれる会社と出会えるよう頑張ってください。