設計から製造、アフターサービスまでシームレスに連携します。

ECObjectsは、エンジニアリング・チェーン・マネジメント(ECM)理論に基づき構築・設計された
生産管理総合ソリューションです。

特徴・概要

概要

ECObjectsは、エンジニアリング・チェーン・マネージメント理論に基づき、製造業におけるすべてのプロセスに必要な情報をリアルタイムに一元管理すると共に、コミュニケーションツールとして各部門間の情報や進捗を見える化することで、会社全体のスループットを向上させる、生産管理総合ソリューションです。

<利用イメージ> 各部門で担当する情報を入力し、生産に必要な情報を構築・維持・管理します。

<ECObjectsシリーズ製品ラインナップ>

 

 ※ECObjectsはクラステクノロジーの商標です。

特徴

ECObjectsは、「統合化部品表」を基盤に、PDM/PLM、部品表、生産管理、スケジューラ、原価管理の各パッケージから構成され、エンジニアリングチェーンマネジメントを実現するエンジンです。これにより、ものづくりの一気通貫が実現することが可能なシステムです。



従来の業務部門・機能毎に個別に構築されたシステムでは、リアルタイムに情報共有が困難であり、仕様変更・設計変更が頻発する環境では、どの情報が正しいかの判断が困難で矛盾が発生していました。
ECObjectsでは統合化部品表を中核に、ものづくりに関する情報を一元管理することにより部門間の情報共有をシームレスにし、すべての業務プロセスで最新の正しい情報を即座に活用することができます。



適用業種

<さまざまな分野で利用されるECObjects>