CareQube
IoTを活用した遠隔監視・予防保全システム

製造現場の設備・機器の稼動データを活用し、
業務や経営の課題解決に活かす。
それが、遠隔監視・予防保全ソリューション「CareQube+」です。

CareQubeの拡張性

IoTプラットフォーム

NTTデータイントラマート×CareQube
IoTプラットフォーム

2015年クオリカは、NTTデータイントラマート社が提供する「intra-Mart Accel Platform」に対応したCareQubeをリリースすることで合意。これにより、intra-Mart Accel Platform+CareQubeをベースにしてさまざまな業務(特殊車両、設備機器、見守り、エネルギーなど)のプラットフォームとしてのご利用が可能になります。


NTTデータ イントラマート社のホームページへ

IoTの業への活用方法

グローバルSIM

M2Mグローバルリーダー×CareQube
グローバル対応

2015年クオリカは、IoTのグローバルリーダーであるボーダフォンとテクノロジーパートナーシップを締結しました。これにより、拡張性があるセキュアなグローバル IoTプラットフォームとクオリカのCareQube をはじめとする主要なソリューションを統合することができるようになりました。今後は、両社が協力しながら国内製造業がグローバルに対応できる最適なソリューションを提供していく予定です。

ボーダフォン・グローバル・エンタープライズ社のホームページへ

BI(Business Intelligence)ツールとの連携

BIツールとの連携により、CareQubeで収集したデータの多面的な分析が可能になります。


BIツール活用のメリット

  • 現場主導・スモールスタートで分析が可能
  • お客様のビジネス形態に合わせて、独自の分析・レポート作成が可能
  • 具体的な稼働データをもとに、正確な経営指標を導出可能
  • 自由な分析方法/レポート形式の変更により、量産化への対応が容易


収集したデータの分析