QTaaS

クラウド型開発テスト仮想化サービス

QTaaS

QTaaS(QUALICA Testing as a Service)は、CA Technologiesの製品であるService Virtualizationを、クオリカデータセンタを利用したIaaSサービスであるQcloudに載せて、お客様にご提供するサービスです。

QTaaS全体

概要

QTaaS(QUALICA Testing as a Service)は、CA Technologiesの製品であるService Virtualizationを、
クオリカデータセンタを利用したIaaSサービスであるQcloudに載せて、お客様にご提供するサービスです。

Service Virtualizationは、プログラムの動きを仮想化することで、これまで実現不可能と思われた様々なテストを
実施することができます。

サービスを使用する必要がある時期だけご契約していただくことで、 Service Virtualizationをお得に使用して頂けます。
また、ソリューションのインストール・環境準備などの面倒な作業はサービスに含まれておりますので、お客様でお手を
煩わすことがございません。

Qcloudは、クオリカがご提供するクラウド環境です。
クオリカ専用データセンターであり、コマツ・コマツグループ、製造・流通系企業およそ100社での使用実績がありますので、
安心してご利用頂けます。

QTaaSは、低コスト・短納期・高品質のテスト仮想環境をクラウドで提供するサービスとなっております

このページの先頭へ

機能

Service Virtualizationはクライアントサーバ間の通信を記録した結果を加工、もしくは一から作成することで、振る舞いを真似することができます。

色々な用途に振る舞い方を加工することができますので、テストの品質を向上させ、テストの幅を広げることができます。

◆Service Virtualization使用例

スタブとして使用 【基本サービスご提供内容】

 

 

外部システムに連携させる必要がある場合

    ✕ 本番のデータが外に漏れる可能性があります
           ↓
    ○ 本番へ接続する必要がないので、データが漏れるリスクがありません


    ✕ 外部システムへ接続できる時間が限られているので、進捗がはかどりません
       ↓
    ◯ いつでも使用できるので、時間に縛られることなく開発・テストができます


    ✕ 外部システムを使用する度に、コストがかかってしまいます
       ↓
    ◯ QTaaSサービス使用料以外のコストは発生しません

    ✕ スタブを使用すると、ベンダーによって品質がバラバラになるので、納品後に修正が発生します
       ↓
    ◯ スタブをSVで作成してベンダーに配布することで、全てにおいて一定の品質を確保できます

 

ドライバとして使用 【オプションサービスご提供内容】



画面だけできているがプログラムが完成していない場合

    ✕ お客様に提案する際に見せる画面が紙芝居形式で、操作感が伝わりません
         ↓
    ◯ SVに振る舞いをさせることで、あたかも画面がプログラムで動いているかのように見せることができます

    ✕ ユーザー教育を開始したい、操作マニュアルの作成に入りたいが、プログラムが未完成なので、
        
着手できません
         ↓
    ◯  プログラムが画面操作しているように動かすことができるので、ユーザー教育やマニュアル作成に
        
入ることができます

 

負荷テストに使用 【オプションサービスご提供内容】


アプリケーションに対して、複数ユーザーが同時にアクセスしているかのように負荷をかけることができます。
負荷テストの結果はレポートとして出力することができます。

 

 

 

操作のレコーディング結果を繰り返しのテスト実行に使用【オプションサービスご提供内容】

 


人が操作したテストケースを記録し、テストシナリオとして保存することで、同じ操作を繰り返し実行することができます。
開発時のサイクルテスト、運用中のリリースにおけるリグレッションテストなどに使用できます。


 

スマートデバイステスト 【オプションサービスご提供内容】


スマートデバイスのアプリケーションのテストをするには、スマートデバイス用の独自のOS、
また、「フリック」「スワイプ」「タップ」などの操作を実現する必要があります。
それらをエミュレータを利用して実機でテストするのと同じテストを繰り返し実現することができます。

 

 

リグレッションテスト判定自動化 【オプションサービスご提供内容】

 

今までのエビデンスは画面のハードコピーでした。そのため、人が目視で比較する必要がありました。
新機能ではエビデンスはHTMLになり、差異の判定を自動化することができます。
⇒人の判断と手動の操作による負荷が少なくなります。

 

 

リグレッションテスト判定自動化 【オプションサービスご提供内容】

 

今まで同じ画面の操作でも、分岐ごとにテストシナリオを作成する必要がありました。
新機能では応答結果により、次の処理を動的に変化させることができます。
複数に分かれているテストシナリオを一本に集約することが可能になります。
⇒テスト密度はそのままに、導入作業の効率が向上します。

 

このページの先頭へ

サービス詳細

QTaaSサービスは以下のサービスを提供致します。

 

◆基本サービス

1、Qcloud環境
 クオリカのIaaSとして実績のあるQcloud環境を利用しております。

 
2、Service Virtualization利用環境準備
 クラウド環境にService Virtualizationを利用するために必要な環境を準備します。 
 ご契約開始日から一年間は、この環境は保存され、いつでも利用可能な状態となります。


3、テストに必要な「要求/応答ペア登録」「応答データ登録」(10MBまで)
 
 スタブとしてお使いいただけるように、要求/応答の登録、応答データのデータパターンを 必要分、
 登録致します。


4、サービスご利用中の各種お問い合わせ対応

 サービスご利用中に発生した課題、問題に対するお問い合わせから、 Service Virtualizationの別の機能を
 使用したいといったご要望まで、お受けいたします。


◆オプションサービス

5、ストレージ保管期間の延長 
 ご利用頂いているストレージの保管期間を1年延長致します。

6、ストレージサイズの拡張 
 基本容量の10MBを超えて「要求/応答パターンの数の追加」、「応答パターンのデータ件数の追加」が
 発生した場合、ストレージのサイズを拡張致します。

7、Service Virtualizationの利用機能拡張  
 「ドライバ」「テストレコーディング」「負荷テスト」といった、スタブ以外の使い方をご利用頂けます。

 

その他ご要望につきましても、ご相談・ご対応させて頂きます。


このページの先頭へ

価格

下記問い合わせ先までお問い合わせください。

このページの先頭へ

お客様からのよくある質問 Q&A

Q.サービス導入までの流れを教えてください。

A. サービスをご利用して頂く前に、QTaaSサービス員によるアセスメントを実施させて頂きます。
   アセスメントの結果をもちまして、お客様の開発・テストに合ったサービス内容をご提案させて頂きます。


Q.契約期間はどのくらい必要ですか。

A. ご契約は1ヶ月単位で、最低3ヶ月からのご契約となります。 
    お客様の開発の状態にあわせまして、ご契約期間を延長していただくことが可能です。


Q.サービス使用で問題が発生した場合のフォローはされるのでしょうか。

A. ご利用中、サービスに問題が発生した場合、QTaaSサービス員が対応させていただきます。 
    Service Virtualizationのソリューションに起因する問題の場合はベンダーに、インフラ関連の問題であれば、
    弊社インフラ担当に問題を展開し、早期解決に努めますので、ご安心ください。


Q.サービスを利用するために準備が必要なものはありますか。

A. 「クライアント ー サーバ」間の通信のやり取りが必要となりますので、I/F仕様書やSOAP、wsdlなどを
    ご準備いただく必要がございます。


Q.いきなりオプションサービスを契約することは可能ですか。

A. 申し訳ございませんが、始めからオプションサービスのみのご契約を承っておりません。
   まずは、基本サービスのご利用契約をしていただく必要がございます。

 

このページの先頭へ

弊社導入事例

CA Technologiesの製品であるService Virtualizationの弊社導入事例のご紹介

クオリカ SV導入事例

クオリカ SV導入事例動画 ※外部サイト(YouTube)へのリンクです。


このページの先頭へ

関連リンク

本サービスに関するお問い合わせ

プラットフォームサービスセンター 先進テクノロジーセンター

本サービスに関するお問い合わせ

プラットフォームサービスセンター 先進テクノロジーセンター

クラウド型開発テスト仮想化サービス QTaaS

ページの上部へ