サーバーのリソース(資源)を必要な時に必要なだけ使える

QRS(Qualica Resource Service)

「サーバーのリソース(資源)を必要な時に必要なだけ使いたい!」というお客様のご要望と、「高品質で安定した運用サービスをお届けしたい!」というクオリカの思いを、リソース・オン・デマンドというコンセプトにもとづき具現化したクオリカのホスティングサービスソリューション、それがQRSです。

QRS

QRSとは

「サーバーのリソース(資源)を必要なときに必要なだけ使いたい」というお客様のご要望と、「高品質で安定した運用サービスをお届けしたい」というクオリカの思いが“リソース・オン・デマンド”というコンセプトのもとに実現した新しいホスティングサービスソリューション、それがQRSです。

「QRSはシンプルなメニューから選択し、お申し込みいただくだけでお使いになることができます。サーバーのサイジング・機器構成・サーバー運用・保守管理といったお客様の負担を大幅に削減し、高品質で安心のホスティングサービスをお届けします。余分なリソースや重複するソフトウェア類の購入を省き、お客様にとって最適な投資を行えるよう豊富なオプションを用意してご要望にお答えします。

このページの先頭へ

サービスメニュー

QRSのサービスメニューは、リソースメニューと運用メニューから構成されます。リソースメニューは、性能に応じた2種類の占有サーバータイプに加え、新たに仮想サーバータイプもラインナップしましたので、業務要件に応じてご自由にサーバーのタイプを選べます。また、運用メニューも豊富ですので、お客様の運用要件により組み合わせてご利用いただけます。

これまで、リソース・メニューにアドオンされていた運用項目を、お客様のニーズに合わせ柔軟な組み合わせが出来るように部品化し、オプション選択を可能にしました。リソース・メニューでは、サーバーの稼働に最低限必要な運用項目(ベース運用)を提供します。お客様の運用要件により、運用メニューを組み合わせてお使いください。

このページの先頭へ

ベネフィット

QRSは、単なるハウジングサービスや運用サービスとは異なり、以下のベネフィットがあります。

1. サイジング

QRSは、今必要なサイズでサーバーを稼動させることができますので、使用するかどうかわからない余剰なリソースの導入は必要ありません。また、稼働後のリソース追加にも柔軟に対応できます。

2. 機器構成

QRSは、バックアップ、ウイルス対策、監視をクオリカの機材を利用してクオリカが責任を持って行います。お客様が周辺機器やツールを選定したり導入したりする必要はありません。

3. 管理

契約はQRS契約に一元化することができますので、IT資産の管理も容易となります。さらに障害発生時の連絡窓口の一元化も可能となります。リースや保守などの契約を個別にする必要はありません。

4. サーバー運用

QRSのサーバーは、経験豊かなクオリカの技術者が24時間体制で運用いたします。お客様はQRSを利用することで運用や障害対応から開放されます。

5. 安心感

QRSはデータセンターを用いたサービスですので、“QRSの申し込み=災害対策とセキュリティ対策を施すこと”になります。お客様の大切なデータを守ることで安心をご提供します。

このページの先頭へ

よくあるご質問-FAQ

1. 導入に関して

Q1_1:従来のハウジングサービスやホスティングサービスとの違いがわかりません。
A1_1:QRSはクオリカが提供するホスティングサーバーサービスの総称です。お客様は機器を購入することなくデータセンター内に設置されたサーバーリソースをご利用いただくことができ、利用後のリソース増強にも柔軟に対応することが可能な、オンデマンド型のサービスとなっています。併せてサーバーの基本的な運用もクオリカが実施しますので、より安心してご利用いただくことができます。

Q1_2:導入にあたりサーバー規模(サイジング)や台数の相談には答えていただけますか?
A1_2:ご相談に応じます。まずは担当営業までお気軽にお声を掛けてください。弊社のプロフェッショナルが対応いたします。

Q1_3:サーバーのバックアップ装置、そして管理ツールなどは、どのようになっていますか?
A1_3:サーバーのバックアップ(オプション選択いただくことで対応可能)、ハードウェア稼働監視、ウィルス監視はクオリカが実施しますので、お客様が装置やツールを選択したり、購入する必要はありません。

Q1_4:占有タイプと仮想タイプの2タイプありますが、その違いは?
A1_4:占有タイプは、1台のハードウェア上に1つのサーバー環境を構築しご利用いただくサービスで、お客様の業務アプリケーションシステムを動作させる場合などにお薦めします。仮想タイプは、1台のハードウェア上に複数のサーバー環境を構築しご利用いただけるサービスで、部門に点在するサーバーの集約などに効力を発揮します。

2. 運用に関して

Q2_1:障害発生時の対応は?
A2_1:ユーザーからの問い合わせ対応や、障害時の復旧作業はクオリカの技術者が実施しますのでご安心ください。*初期バックアップを取っていないサーバーの初期状態への復旧は出来ません。

Q2_2:導入後のユーザー側の役割は?
A2_2:QRSではオペレーティングシステムの動作までをクオリカ側で対応します。その上で稼働する業務アプリケーションシステムなど、お客様固有のシステムの対応はお客様側でお願いいたします。

Q2_3:導入後、処理量の増加などで性能面の問題が発生した場合は?
A2_3:QRSは、サーバー利用後のリソース増強にも柔軟対応出来ます。また、モデルのアップグレードも可能です。詳しくは担当営業にご相談ください。

3. 費用に関して

Q3_1:サーバー故障時の保守費用は必要ですか?
A3_1:サーバーハードウェアの保守料金はサービス料金に含まれておりますので、新たに保守契約いただく必要はございません。

Q3_2:ソフトウエアのライセンス費用はどうなりますか?
A3_2:オペレーティングシステムを始め、ミドルウェア、業務アプリケーションシステムなどのソフトウェアライセンスは、お客様にてご購入いただきます。なお、バックアップツールや監視ツールはQRSのサービスに含まれておりますので、お客様での購入は必要ありません。

このページの先頭へ

導入事例

KOMATSU

コマツ教習所株式会社様

ホスティングサービスをパッケージ化したQRS(クオリカ リソース サービス)を利用。クオリカデータセンターの24時間監視体制の下、稼動の多い土日もハー…

関連導入事例一覧を見る

本サービスに関するお問い合わせ

プラットフォームサービスセンター ビジネス推進室

本サービスに関するお問い合わせ

プラットフォームサービスセンター ビジネス推進室

サーバーのリソース(資源)を必要な時に必要なだけ使える QRS(Qualica Resource Service)

ページの上部へ