お問い合わせ

ホーム ニュースリリース クオリカ、GPS関連システムと通信機器の開発に強みを持つ
株式会社データトロンを子会社化

2018年01月05日

クオリカ株式会社

クオリカ、GPS関連システムと通信機器の開発に強みを持つ
株式会社データトロンを子会社化

~高速道路・物流向けIoT事業への新規参入と高付加価値サービスを創出~

 TISインテックグループのクオリカ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 明、以下クオリカ)は、2018年1月5日付で、株式会社データトロン(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:馬場浩之、以下データトロン)の発行済み全株式を取得し、データトロンを連結子会社化することを発表します。

 データトロンは、GPS関連システム及び通信機器の開発に強みを持ち、1999年の設立以降、18年間に渡りIoT事業を展開している企業です。高速道路の管理車両(巡回車など)の位置情報を取得して業務活用するシステム「DNシリーズ」や、物流業者向けにトラックや営業車をリアルタイム監視するシステム「TMS-1」などを主力製品とし、組込ソフトウェアやハードウェア領域での高い技術力に定評があります。

 クオリカでは、これまで主に製造業向けにIoT事業を展開しており、多数の設備・機械メーカーや特殊車両メーカーに、主力製品である「CareQube+」(※1)を導入してきました。この度、データトロンを連結子会社化することで、高速道路及び物流向けIoT事業への新規参入を実現すると同時に、「CareQube+」とのシステム連携、ハードウェア及びソフトウェアの共同開発など、新たなIoT事業戦略の推進が可能になります。

 クオリカは、データトロンと共にIoT分野で新たな高付加価値サービスを生み出し、IoT事業を拡大していきます。

 (※1)IoTを活用した遠隔監視・予防保全システム「CareQube+」の製品概要については、以下URLをご参照下さい。
 http://www.qualica.co.jp/service/manufact/ams/careqube

■データトロンの概要(http://www.datatron.co.jp/
所在地:埼玉県さいたま市大宮区吉敷町1-23-1 大同生命ビル6F
事業概要:車両ネットワーク通信システムの構築、車両運行管理ASP事業、位置データの作成、業務システムの開発・設計
設立年月日:1999年6月1日
代表者:代表取締役社長 馬場浩之(2018年1月5日就任)(※2)
資本金:96,075千円
(※2)データトロン前代表者:小山俊明

■クオリカの概要(http://www.qualica.co.jp
所在地:東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー23F
事業概要:1982年コマツの全額出資による情報システム会社として創業し、現在はTISインテックグループの一員として、中国/ASEANをはじめ製造業および流通サービス業(飲食業・小売業)様向けにIoT、クラウドサービス、業務用システム開発、パッケージソフト開発、システム運用、情報端末製造・販売等の幅広い事業を展開しています。

■TISインテックグループについて
 TISインテックグループはグループ会社約60社、2万人が一体となって、それぞれの強みを活かし、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのお客さまのビジネスを支えるITサービスをご提供します。

このページの先頭へ

お問い合わせ先

報道関係からのお問い合わせ

担当 : クオリカ株式会社 コーポレート本部 経営企画部
TEL : 03-5937-0710

サービス・ソリューションに関するお問い合わせ

担当:クオリカ株式会社 テクノロジーインサイド事業部 IoTソリューション部
TEL : 03-5937-0761

このページの先頭へ

ページの上部へ