お問い合わせ

導入事例

導入事例の一覧を見る

ホーム セミナー・イベント鋳造・ダイカストシミュレーション技術

鋳造・ダイカストシミュレーション技術

~JSCASTを利用した基本操作実習~

【製造,設計】

最新の湯流れ凝固解析システムJSCASTを用いて、鋳造およびダイカスト製品製造におけるシミュレーションシステムを活用した鋳造欠陥(湯回り不良・引け巣等)の発生予測をする技術を習得します。

開催概要

名称 鋳造・ダイカストシミュレーション技術
~JSCASTを利用した基本操作実習~
開催日 2018年度
(終了)第1回 2018年6月13日(水) ~ 6月14日(木) 【コースNo.C0841】
(終了)第2回 2018年7月24日(火) ~ 7月25日(水) 【コースNo.C0842】

第3回 2019年1月30日(水) ~ 1月31日(木) 【コースNo.C0843】

※年3回 開催
場所 雇用・能力開発機構 関西職業能力開発促進センター
ポリテクセンター関西
(大阪府摂津市三島1-2-1)
交通案内(ポリテクセンター関西様 HPが開きます)
対象者 ・鋳造およびダイカスト製品製造に関する業務に従事されており、シミュレーションを活用した欠陥予測に興味をお持ちの方
・JSCASTの基本操作を習得したい方(JSCASTのユーザ様もご受講いただけます)
主催 雇用・能力開発機構 関西職業能力開発促進センター
参加費 17,800円(税込)
定員 10名(2日間開催)
使用機材 湯流れ凝固解析システム(JSCAST)、パソコン(1名/1台)
持参品 筆記用具

このページの先頭へ

プログラム

鋳造及びダイカスト製品製造における鋳造技術の高付加価値化をめざして、湯流れ凝固システムを利用した鋳造欠陥(湯回り不良・引け巣等)の発生予測をする技術を習得すると共に、凝固時の温度分布を活用した熱応力解析により、応力状態や変形状態を把握し分析評価できる技術を習得します。

  1. 鋳造品における湯流れ凝固解析の必要性
    • 湯流れ凝固システムの概要
    • 鋳造方案のノウハウと鋳造方案の考え方
  2. 鋳造欠陥予測方法とその対策
    • 鋳造欠陥予測(湯回り不良・ガス・引け巣等)
    • 熱応力解析による鋳造の変形・割れの評価
  3. 実習

お申込み

Webからのお申し込み
ポリテクセンター関西 様のページが開きます

お電話・FAXによるお申し込み
申込・変更・取消に関しては全てFAXでの受付けとなります。
「Webから申し込み」のリンク先をご一読いただき、「(平成30年度用)受講申込書(pdf)」にてお申し込みください

【参加申し込み先とお問い合わせ】
・お問い合わせ: ポリテクセンター関西 事業課 事業主支援係 (電話:06-6383-0064)
・お申込: FAX:06-6383-0961
・受付開始:随時
・締切:原則として各コース開始日14日前とさせていただきます。
 以降に受講を希望される場合は下記連絡先へお問い合わせください。
 (必ずFAXにてお願いします)

このページの先頭へ

お問い合わせ先

担当 : 大阪職業訓練支援センター(関西職業能力開発促進センター) 事業課 事業主支援係
TEL : 06-6383-0064
FAX : 06-6383-0961

ページの上部へ