ホーム導入事例アルメック株式会社

医療現場に赴く優秀スタッフを支える仮想デスクトップ。セキュリティと利便性の両立、パソコン管理負担軽減に貢献。

アルメック株式会社様

掲載日:2015年03月02日

システム導入の背景と課題

「一日も早い新薬の承認取得を」が理念であるアルメック株式会社様は、多数の優秀な治験事務局スタッフ及び治験コーディネーターが医療機関の第一線で活躍しています。オフィスとは別に、それぞれの職場においてローカル環境のパソコンを利用していました。社内システムの処理を行う為に帰社が必要となり、セキュリティは確保できても利便性やパソコンの運用が煩雑になるといった課題を抱えていました。

このページの先頭へ

ThinOfficeVDIを選んだ理由

『利便性と安全性を両立するパソコン環境を検討する当社にはVDI(仮想デスクトップ)が最良の選択肢であった』と代表取締役社長の塚原氏は語ります。VDIとはパソコンを仮想化する技術でありユーザーインターフェース(モニタや入力装置)以外をデータセンタに集約するソリューションです。セキュリティと管理の一元化というメリットはもちろん、使い方次第では利便性や生産性の向上に繋がる次世代のエンドユーザーコンピューティングです。
また、同社はクオリカが提供するDaaSサービス(Desktop-as-a-Service)である『ThinOfficeVDI』に注目。インフラ環境(資産)を「保有」する事なく「利用」する事によって新規の設備投資を安く抑え、運用を外部委託し担当者の負担を抑える点にメリットを感じました。

 

このページの先頭へ

導入時のポイント

『それぞれの職場パソコンのVDI移行にあたり関係者が密にミーティングを行い、課題を共有し解決したことが導入成功の最大の要因であった』とIT担当者の深田氏は語ります。同社のIT環境を熟知するアグレックス社のプロジェクトリーディングとクオリカの移行ノウハウをアルメック株式会社様との定期ミーティングの場で活発に意見を出し合いました。
VDI移行にあたり最大の課題はWindowsXPのEOS対応との並行対応であり、同社はWindows7パソコンへのリプレイスとVDIへの移行を同時に行うことで職場パソコンへの一斉展開を成功させました。それぞれの職場スタッフはインターネットを経由してVDIに接続することが可能な『ThinOffce SSL-VPN』サービスを利用することによりセキュアな環境で社内システムを利用可能となりました。
また、同社はオフィスのマシンルームに情報共有サーバーを保有しており、日々の運用や定期停電時の対応がIT担当者の負担となっていました。クオリカは自社が運営するデータセンターへの移設と運用を提案、これによりIT担当者の負担軽減だけなく、VDIとの組合せで『情報の存在しないセキュアなオフィス』を実現しました。

このページの先頭へ

導入後の効果

現在、同社のほぼ全てのスタッフがThinOffceVDIを利用し社内・社外を問わず常に同じデスクトップ環境を利用しています。以前のように社内システムの処理を行う為に帰社する手間が緩和され、業務効率が大きく向上しました。『手元の端末に情報が残らない為セキュリティが強化されスタッフは安心して業務を行っている』と塚原氏は話します。

このページの先頭へ

お客様のプロフィール

会社名 アルメック株式会社
http://www.almec-ltd.co.jp/top.html
英文社名 ALMEC CO.,LTD
設立 平成12年10月
本社所在地 〒163-0227 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル27階
事業内容 <受託項目>SMO業務、CRCの派遣、臨床試験支援業務 <受託分野>医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具、医療機器、機能性食品、他 <その他>調剤薬局、医療経営コンサルティングの会社の紹介
代表者 代表取締役社長 塚原 英樹

このページの先頭へ

お問い合わせ先

プラットフォームサービス事業部 プラットフォームサービス推進室
TEL:03-5937-0770
FAX:03-5937-0800
お問い合わせ

お問い合わせ

プラットフォームサービス事業部 プラットフォームサービス推進室
TEL:03-5937-0770
FAX:03-5937-0800
お問い合わせ

セミナー&イベント

現在予定しているセミナー・イベントはありません。

ページの上部へ