ホーム導入事例アイシン高丘株式会社

量産・開発の迅速化と品質向上、不良低減に大きく貢献

製造業 アイシン高丘株式会社様

掲載日:2008年11月28日

システム導入の背景

迅速化と工数低減の取り組みを推進するために

タービンハウジング一体エキゾーストマニホールドタービンハウジング一体
エギゾーストマニホールド

世界でも有数の生産量を誇る鋳造メーカーとして、自動車部品から工機分野、さらには資源の活用を基にした環境アメニティの新規分野まで、産業界の厳しい要望にお応えし、活躍の場を大きく広げているのが、アイシン高丘株式会社様です。
同社の製品エンジニアリング部では、自動車のエキゾーストマニホールドやデフケース、ディスクローターなどのエンジン部品・駆動系部品・ブレーキ系部品の鉄鋳物の開発・製造を担い、量産体制確立の迅速化、試作・生産段階での工数低減を目指した取り組みが行われ、より効率の良い量産品を生産するための体制追究を行っていました。

このページの先頭へ

お客様が語る導入前の課題と選定基準

簡単に扱うことができる操作性とメンテナンス性で選定

製品エンジニアリング部 企画・管理グループ DE担当チーム 写真後列:西戸 誠志 様、中村 勇人 様、道岡 裕也 様 写真前列:杉浦 健司 様、福田 美和 様、鳥原 美智子 様製品エンジニアリング部 企画・管理グループ
DE担当チーム
写真後列:西戸 誠志 様、中村 勇人 様、
道岡 裕也 様
写真前列:杉浦 健司 様、福田 美和 様、
鳥原 美智子 様

早い段階で品質を作り込み、さらには工程を効率化するために、設計に生産準備の観点を取り入れた"量産を見据えた試作"を行う必要がありました。また一方で生産準備品すべての解析を実施したいという社内の要望もあり、鋳造方案シミュレーションシステムの導入を考えていました。
当時主流だったCAEソフトは日本語未対応の上にUNIX系のワークステーション上でしか稼動しないなど制約が多い上に、操作には専門的な知識が必要とされ、価格も高かったのです。そのため、導入に際しては、メニューが日本語で、PC上で動くといった使い勝手の良いもので、型設計担当者でも簡単に扱うことができ、低価格のソフトを求めていました。もともと「革新的鋳造シミュレーション技術研究開発プロジェクト※」に参画していたため、クオリカの鋳造方案CAEソフト(JSCAST)の理論はよく理解しており、操作性の良さに加え、メンテナンス・サポート体制、価格面が評価できたことから採用を決めたものです。

製品エンジニアリング部
企画・管理グループ DE担当T 主担当
工学博士
西戸 誠志 様

※大学連携型プロジェクトである工業技術院新規産業創出型産業科学技術研究開発制度に基づき、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)から(財)素形材センターへの委託により、平成11年度から平成14年度の4ヶ年計画で実施されたプロジェクト。

このページの先頭へ

導入後の効果

品質の向上、工数・不良低減も実現

「鋳鉄鋳造品の方案検討にJSCASTを使用しています。試作、生産準備への工程において、以前は作り込んでいく段階で徐々に品質を高めるやり方をしていました。そのため品質向上の作業をラインオフ間近まで行っており、これが大きな懸念事項となっていたことや、試作段階での情報やノウハウが効率的に活用されないこともあり、多くの工数を要する結果となっていました。
このJSCASTは簡単な操作で湯流れや凝固解析などに活用することができ、量産の速やかな立ち上がりや早期段階での品質の向上が図れ、試作・生産準備段階での工数低減も実現できました。加えて、試作段階で発生しうる不具合に対する事前検討が行え、量産に移行する前に不良の未然防止が図れました。このようにJSCASTの導入とともに体制を整え、開発段階から製品の作りやすさを求めたことが大きな成果に繋がりました。」(西戸様)

 早期段階での品質の向上 生産準備段階での工数の低減
          早期段階での品質の向上           生産準備段階での工数の低減 

このページの先頭へ

クオリカ担当者が語るシステム導入のポイント

お客様に最新情報をご提供し、品質向上に貢献

クオリカ西日本事業部JSCAST室 左から中社芳博、葉武克典クオリカ西日本事業部JSCAST室
左から中社芳博、葉武克典

アイシン高丘様は、自動車部品を中心に生産しておられる素形材分野のNo.1メーカーです。導入にあたっては他社製ソフトとの競合比較のなか、「JSCASTは、PC上で動いて使いやすく、低コスト。保守やバージョンアップにも継続性がある」との評価をいただき、ご採用いただきました。
現在では方案の妥当性はもちろん、湯境・湯回りなどの湯流れ系や外観不良などの運用範囲も広くお使いいただき、高品質な製品の生産現場に活かされております。迅速な情報のご提供はお客様の早期成果に繋がります。そのため、鋳造プロセス等のニーズをお客様から聞き取るとともに、バージョンアップのスケジュールを見据えた対応を欠かすことなく行い、今後も製品の品質向上・工数低減、コスト低減に貢献できるシステムとして、最新情報をご提供してまいります。

このページの先頭へ

お客様のプロフィール

会社名 アイシン高丘株式会社
http://www.at-takaoka.co.jp/
本社所在地 愛知県豊田市高丘新町天王1番地
設立 1960年(昭和35年)3月8日
資本金 5,396百万円
事業内容 自動車部品を主体とする鋳鉄・アルミの鋳造・機械加工、塑性加工および音響製品の製造・販売

このページの先頭へ

お問い合わせ先

製造サービス事業部 JSCAST室
TEL:072-898-8791
FAX:072-840-2164
お問い合わせ

お問い合わせ

製造サービス事業部 JSCAST室
TEL:072-898-8791
FAX:072-840-2164
お問い合わせ

導入事例

有限会社山崎鋳造様

JSCASTの導入による押湯ネックダウン中子による生産性向上

株式会社ダイハツメタル様

JSCASTの活用による鋳造製品の軽量化・品質向上・歩留り向上を実現

関連導入事例一覧を見る

セミナー&イベント

01月30日(水)~01月31日(木)ポリテクセンター関西(大阪)
鋳造・ダイカストシミュレーション技術
全3回 (6日間) 第1回 2018年12月 21日 (金)~22日 (土) 第2回 2019年 1月25日 (金)~26日 (土) 第3回 2019年 2月15日 (金)~16日 (土)機械振興会館(東京)
鋳造・ダイカストシミュレーション技術

ページの上部へ