QUALICA 35th Anniversary

2017年11月1日、弊社は、創立35周年を迎えることができました。
これもひとえにこれまでお取引いただいた、そして今もお取引いただいております、
全てのお客様ならびに関係各社の皆様があっての35周年であることを、心から感謝申し上げます。

弊社は1982年に小松ソフトウェア開発株式会社として設立、1992年コマツソフト株式会社に、2003年に「クオリカ株式会社」へと社名を変えました。今は、従業員約2万名を擁するTISインテックグループの一員となっております。
社名は「Quality for Industrial and Commercial Advantage」から作った造語です。
『製造業、流通業関連のお客様を軸に築きあげてきた情報システム技術のクオリティをさらに高め、お客様のよりハイレベルなビジネス活動のお役にたちたい』という願いを込めた社名であります。

創立以来、特に製造業、流通・サービス業のお客様のお役にたてるよう、先進的なITサービスで、継続的に価値提供を行ってきております。お蔭様で国内のみならず、上海、シンガポール、タイに拠点を置き、売上高200億円規模の会社に成長することができました。

クオリカは、これからもお客様にご満足・ご信頼をいただけるよう、さらなる技術力アップとサービスの価値向上に努め、お客様のビジネスの成長に貢献し、お客様にとって
『なくてはならない存在』であり続けたいと思っております。

今後とも変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 加藤 明

クオリカ35年のあゆみ